車査定ピンク

人気記事ランキング

ホーム > 妊活サプリ > 妊娠と葉酸は大変密接に関わりがあります!

妊娠と葉酸は大変密接に関わりがあります!

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

 

それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。その理由は、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

 

当たり前ですが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。

 

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。

 

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。妊娠した後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

 

葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという話があります。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。

 

そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

 

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を減らす効果があります。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

 

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。

 

妊娠希望の葉酸サプリランキングについて。